製品情報
製品情報
Product
土木工事用製品
アルミ製土留

アルミ製水圧式土留支保工(スピード土留)
アルミ製水圧式土留支保工(スピード土留)
SINCE1974 水圧式土留のパイオニア
POINT1
軽量

アルミ製品のため軽く、運搬や設置・撤去作業の効率が大幅に向上します。

POINT2
強力

土壁にプレロードを掛ける事で、路面や構築物などのクラックを防止できます。

POINT3
安全

設置及び撤去作業が地上で行えるため、人身事故等の危険リスクを回避できます。

■水圧シリンダー(標準型)規格
※便利で安心のレンタルシステムでご提供いたします。
シリンダー外径φ76.4mm
掘削幅から矢板及び腹起しの幅を差し引いた数値を算出し、使用寸法に適合する型式を選択して下さい。
標準型(外径Φ76.4mm)
型式 使用寸法(mm) 質量(kg) 許容軸力(kN)
40 350 ~ 430 4.0 73.5
50 400 ~ 480 4.5
60 450 ~ 580 4.9
70 500 ~ 650 5.3
90 600 ~ 800 6.2
115 800 ~ 1000 7.5
140 1000 ~ 1300 8.8
180 1200 ~ 1600 10.8
225 1400 ~ 1800 12.6
■水圧シリンダー(強力型)規格
※便利で安心のレンタルシステムでご提供いたします。
シリンダー外径φ99.5mm
掘削幅から矢板及び腹起しの幅を差し引いた数値を算出し、使用寸法に適合する型式を選択して下さい。
型式 使用寸法(mm) 質量(kg) 許容軸力(kN)
210 1,600 ~ 2,100 21.6 98.0
235 1.850 ~ 2,350 22.6
260 2,100 ~ 2,600 25.6
285 2,350 ~ 2,850 26.6
310 2,600 ~ 3,100 29.6
335 2,850 ~ 3,350 30.6 90.0
360 3,100 ~ 3,600 31.6 80.0
385 3,350 ~ 3,850 32.6 70.0
410 3,600 ~ 4,100 35.6 65.0
435 3,850 ~ 4,350 36.6 50.0
460 4,100 ~ 4,600 37.6 40.0
485 4,350 ~ 4,850 40.6 35.0
510 4,600 ~ 5,100 41.6 30.0

 

※同じ型式でも、継軸の組合せに方により、質量が変わります。
※435型~510型のご要望は、事前に取扱店までご相談下さい。
■セーフティストッパー付き水圧シリンダー
縮み防止機能付き水圧シリンダー
・ストッパー機能が付いた特別仕様
・強力型水圧シリンダーの1.5倍の性能

※便利で安心のレンタルシステムでご提供いたします。
シリンダー外径φ99.5mm
掘削幅から矢板及び腹起しの幅を差し引いた数値を算出し、使用寸法に適合する型式を選択して下さい。

長期間張りっぱなしとなる現場や覆工板の下での切りばりとして最適
■セーフティストッパー付きスピード土留規格

 

型式 質量(kg) 使用寸法 許容軸力(kN)
アンロック状態 ロック状態
210 24.2 1,600 ~ 2,100 98.0 150.0
235 25.2 1,850 ~ 2,350
260 28.2 2,100 ~ 2,600
285 29.2 2,350 ~ 2,850
310 32.2 2,600 ~ 3,100
335 33.2 2,850 ~ 3,350

◆セーフティストッパー付きスピード土留・カタログ(pdf)

許容軸力は、水平かつ直角に設置することを前提とし、(社)仮設工業会で実施の強度試験データをもとに安全率を2以上とした。
■シリンダー補助板規格
          補助板:B2型・BL2型
          補助板:B3型・BLA3型
型式 B2 BL2 B3 BLA3
質量(kg) 1.1 1.4 1.6 1.9
寸法(mm) 200 × 200 200 × 200 300 × 200 300 × 200

 

※水圧シリンダーの両サイドに組み付けますので、腹起しの有無又はサイズに応じて選択して下さい。
※BL2型・BLA3型は、腹起しにL形アングルを掛ける事で、水圧シリンダーの脱落を防止できます。
※断面寸法が120mm~270mmの腹起しを使用する場合は、BLA3型が適合します。
■水圧ポンプ・付属品規格

 

品名 長さ(mm) 質量(kg) 容量(ℓ)
水圧ポンプ 3,800(ホース) 12.3 19.0
取り外し用工具(短) 535 0.9
取り外し用工具(長) 845 1.4
添加液 0.5
不凍液 2.0
※水圧シリンダーの摺動性を高めるため、水圧ポンプには、清浄水に5%の割合で添加液を混合して使用して下さい。
※凍結防止のため、冬季に寒冷地でご使用の場合は、添加液に加えて適量の不凍液を水圧ポンプ内の水に混入させて下さい。
■施工上のご注意
※施工時は労働安全衛生規則・通達に従って施工して下さい。
※水圧ポンプの加圧時は、圧力ゲージを確認しながら適正な目盛り位置まで加圧して下さい。
※事前に土圧強度をご確認の上、ご使用願います。土圧強度の計算は、取扱店までご依頼下さい。
※製品強度に関する詳しい内容は、当製品の強度計算書をご覧下さい。

※各種ダウンロード資料(下記の画像をクリック)

・スピード土留強度計算書

・スピード土留取扱説明書

 

※製品の外観および仕様は予告なく変更する場合があります。
Contactcatalog downloadTOPへ