製品情報
製品情報
Product
土木工事用製品
アルミ製土留

アルミ製水圧式スプリング内蔵四方張り土留
NETIS
登録番号
KK-130024-VE
アルミ製水圧式スプリング内蔵四方張り土留
アルミ製腹起しと水圧シリンダーが一体化
POINT1
先行土留

掘削溝内に入る事なく、地上から水圧ポンプにより加圧・減圧操作が行えます。

POINT2
アシスト機能で高効率

撤去時は、減圧操作を行う事で、内蔵されたスプリングの機能により縮みます。水圧ポンプに二股分岐ホースを接続する事で、同時に2本の伸縮操作が行えます。

POINT3
シンプル設計で組み合わせ多様

ピンによる連結のため、工具を使わずに少人数で組立て・分解が可能です。55通りの組合せが可能なため、あらゆる矩形の掘削溝に対応できます。

■マンホール土留規格

型  式

使用寸法(mm)

質量(kg/組)

断面寸法(a×b)(mm)

断面係数(cm3)

許容軸力(kN)

MHB-100

  890 ~ 1,040

 78.4

114 × 100

51.08 ~ 51.32

73.5

MHB-145

1,150 ~ 1,450

 96.0

MHB-195

1,350 ~ 1,950

114.0

40.45 ~ 51.32

MHB-215

1,450 ~ 2,150

121.6

51.08 ~ 51.32

MHB-250

1,700 ~ 2,500

164.4

130 × 125

97.85 ~ 103.5

MHB-300

2,200 ~ 3,000

186.4

MHB-355

2,600 ~ 3,550

258.3

130 × 150

157.4 ~ 180.4

MHB-420

3,250 ~ 4,200

290.5

MHB-510

4,050 ~ 5,100

473.7

135 × 200

193.4 ~ 397.3

MHB-600

4,950 ~ 6,000

542.6

*質量はXとYの方向を同じ型式で正方形に組んだ場合。
可変ピン位置
断面図
■可変ピン位置によるマンホール土留のストローク

型  式

使用寸法(mm)

ピン位置①(mm)

ピン位置②(mm)

ピン位置③(mm)

MHB-100

  890 ~ 1,040

  890 ~   990

  940 ~ 1,040

─────

MHB-145

1,150 ~ 1,450

1,150 ~ 1,350

1,250 ~ 1,450

─────

MHB-195

1,350 ~ 1,950

1,350 ~ 1,750

1,450 ~ 1,850

1,550 ~ 1,950

MHB-215

1,450 ~ 2,150

1,450 ~ 1,900

1,575 ~ 2,025

1,700 ~ 2,150

MHB-250

1,700 ~ 2,500

1,700 ~ 2,200

1,850 ~ 2,350

2,000 ~ 2,500

MHB-300

2,200 ~ 3,000

2,200 ~ 2,700

2,350 ~ 2,850

2,500 ~ 3,000

MHB-355

2,600 ~ 3,550

2,600 ~ 3,250

2,750 ~ 3,400

2,900 ~ 3,550

MHB-420

3,250 ~ 3,200

3,250 ~ 3,900

3,400 ~ 4,050

3,550 ~ 4,200

MHB-510

4,050 ~ 5,100

4,050 ~ 4,700

4,250 ~ 4,900

4,550 ~ 5,100

MHB-600

4,950 ~ 6,000

4,950 ~ 5,600

5,150 ~ 5,800

5,350 ~ 6,000

水圧ポンプ・付属品規格

品   名

長さ(mm)

質量(kg)

容量(ℓ)

水  圧  ポ  ン  プ

3,800(ホース)

12.3

19.0

二 股 分 岐 ホ ー ス

740

 1.3

──

専   用   工   具

300

 0.8

──

添     加     液

──

──

 0.5

不     凍     液

──

──

 2.0

コーナーブラケット・二股分岐ホース
専用工具、添加液・水圧ポンプ
*水圧シリンダーの摺動性を高めるため、水圧ポンプには、清浄水に5%の割合で添加液を混合して使用して下さい。
*凍結防止のため、冬季に寒冷地でご使用の場合は、添加液に加えて適量の不凍液を水圧ポンプ内の水に混入させて下さい。
■施工上のご注意
*施工時は労働安全衛生規則・通達に従って施工して下さい。
*脱落防止のため、設置中は必ずチェーン等でコーナーブラケットをしっかりと吊り下げて下さい。
*マンホール土留の外面を矢板(土壁)に密着させ、できる限り水平に設置して下さい。
*水圧ポンプには、清浄水をベースに5%の割合で添加液を混合させて使用して下さい。
*水圧ポンプとの接続時は、水圧ポンプのコックを閉めた状態で接続して下さい。
*水圧ポンプの加圧時は、圧力ゲージを確認しながら適正な目盛り位置まで加圧して下さい。
*事前に土圧強度をご確認の上、ご使用願います。土圧強度の計算は、取扱店までご依頼下さい
Contactcatalog downloadTOPへ