採用情報
Recruit
Interview

社員インタビュー

社会に貢献しながら自社と共に自分自身も大きく成長して行く、それが私たち日本スピードショアです。Change & Challengeをテーマに世の中やお客様が求める、その「一歩先をゆく」取り組みを続けています。自ら動き、チーム力を活かしながら自由な発想と柔軟な対応で、新たな価値を創造していく仲間を求めています。
あなたの想いをカタチに変えたい、未来に向かって共に進みたい、そんな私達と一緒に新たな一歩を踏み出しませんか。

  • Interview 01

    営業(土留機材レンタル)
    大久保 慎也
    2018年入社
    暮らしを支え、
    命を守る。
    それが魅力です。
    大久保 慎也
    〈仕事の魅力〉
    就職活動でスピードショアの話を聞いて「こんな仕事があるんだ」と興味を持ったのが入社のきっかけでした。私たちの暮らしを支えるライフラインの構築に従事する人を、施工時に潜む危険から命を守る仕事を通じて地域社会の基盤整備に貢献できることが一番の魅力です。
    〈これからの目標〉
    担当となるエリアを任され、より一層の責任を感じています。「お客様にとって最適なものは何か」を常に考え、提案し解決していく事で、お客様との信頼関係をさらに築き上げていく事。また、日々の仕事を通じて自分の能力を向上させ、一緒に仕事をしていく人たちの成長にもつながる存在になることを目指しています。
  • Interview 02

    営業(維持管理機材レンタル)
    中村 亮太
    2010年入社
    チャレンジを
    積極的に
    後押し

    してくれます。
    中村 亮太
    〈仕事の魅力〉
    入社してからは、ライフラインの構築に携わる企業への営業を担当していましたが、現在はライフラインを維持管理する分野で営業活動に取り組んでいます。時代と共に変わりゆくマーケットに適応し、ビジネスのフィールドが拡がる中で身に付けた知識と経験を活かしています。このように新しい事へチャレンジしやすく積極的に後押ししてくれる職場環境に魅力を感じています。
    〈現在の仕事とこれからの目標〉
    自社開発商品がメインとなり、作業の「安全と効率」に貢献するというのは入社以来変わりありませんが、お客様へ提案、提供できる商品は現場の数だけ広がりがあります。フットワークの軽さと柔軟な発想で、付加価値の高い商品を生み出しながら、自己の成長と共にお客様の事業発展に役立つことを目指しています。
  • Interview 03

    営業(産業機械販売)
    阿部 共晃
    2016年入社
    たくさんの「ありがとう」
    それが私の
    やり甲斐です。
    阿部 共晃
    〈仕事の魅力〉
    「ありがとう!助かったよ」と言って頂いた時の充実感と達成感が原動力になっています。入社後に配属となった部署は機械を販売する「機械商社」の部門でした。入社当初、文系出身としては、機械や加工技術の聞いたことのない専門用語を覚えるのも大変でしたが、お客様から頼られる存在になれた時の嬉しさは何物にも代えがたい魅力になっています。
    〈現在の仕事とこれからの目標〉
    自動車部品、金型、医療機器、半導体装置、金属加工など、色々なモノづくりの企業へ営業活動を行っています。展示会へ出展も多く、当社のブースへ来訪されたお客様にアプローチして行くことも多いですね。上司や先輩との同行営業から学んだことを基に、自分なりに工夫を凝らした営業スタイルを確立して行きたいと思います。そのためにも、学びの精神を忘れず新商品や新技術を貪欲に吸収し、お客様に期待以上の満足を提供して行きます。
  • Interview 04

    技術(メンテナンス)
    本多 平
    2015年入社
    安全と命を
    守る仕事が
    わたしのやり甲斐です。
    本多 平
    〈仕事の魅力〉
    お客様に使って頂くレンタル商品のメンテナンスを行う仕事は幅広く、様々な商品の洗浄・整備・修理や製作に携わっています。私たちの取扱商品は、地面掘削時の土砂崩壊を防ぎ、現場で作業する方の「安全を守る、命を守る」ことに直結するものなので、大きなやり甲斐を感じています。また、大きな魅力と言えるのは共に働く仲間の存在です。うまくいかない事やしんどい事、つらい事があっても相談に乗ってくれる、そして一緒に助け合える仲間がいるからこそ真っすぐ仕事に取り組んで行けます。
    〈一緒に働きたいと思う人〉
    個人での技術力のレベルアップは勿論ですが、私たちの仕事はチームワーク、連携の良さも大切です。常に向上心を持って、個々の技術とチームワークを掛け合わせて生み出される力を大切に育てられる人。そして、仕事とプライベートを両立できる人と一緒に働いて行きたいですね。
  • Interview 05

    技術(設計・開発)
    笠岡 真佐志
    2013年入社
    自分の個性、
    学んだ知識を
    フルに活かせる職場です。
    笠岡 真佐志
    〈入社の理由〉
    大学では工学部・機械工学科に在籍し、男子ばかりの大学生活を送っていました。就活で日本スピードショアを選んだ理由は、ライフライン関係の工事に携わり、長く安定した経営を行っている点。現場に寄り添うスタイルと、技術的な提案を行い、お客様から信頼を獲得する営業スタイルが自分に合っており、大学で学んだ知識と大学生活で磨いた社交性をフルに活かせると思ったからです。
    〈現在の仕事内容〉
    営業担当から特殊な強度計算の依頼を受け、どの様にすれば自社商品を安全に使用して頂けるかを検討し、技術的のサポートを行っています。工事が無事に行われ、お客様や営業担当から感謝の言葉をもらった時には毎回達成感が得られます。また、新商品の開発にも深く携わります。営業サイドとの情報交換、製品の設計、強度試験、フィールドテストなどを行い、自分が設計した物が製品として形になって行くのを体感できるので、とてもやりがいを感じることが出来ます。
    〈わが社の魅力〉
    全国各地に営業所がありますが、それを感じないぐらいに社員同士の距離が近く、部門間でのコミュニケーションが取りやすいため、お互いフォローし合って効率よく業務が行えます。若手の営業担当が主体となり現場で必要とされている物を考え商品開発を行うなど、営業だけではなく自ら商材となる商品を生み出してく事も可能です。
  • Interview 06

    事務(営業所)
    遠山 七星
    2016年入社
    明るい雰囲気の中、
    支え合っていく
    職場です。
    遠山 七星
    〈入社の理由〉
    飾らない社風が自分に合っていると思いました。明るい人が多くいつも笑顔が絶えません。そのような雰囲気の中で支え合いながら高め合っていく仕事がしたいと思い入社に至りました。困ったことがあると自然に助け合って効率良く仕事をしています。
    〈これからの目標〉
    来客への対応もありますので営業所の顔として今以上にお客様から頼りにして頂けるようになっていきます。また営業担当の方たちが、いつでも安心して営業活動に出かけられるよう電話の応対や伝票処理、請求書の発行業務などミスのない仕事で営業所の発展に貢献していきたいと思います。
Contactcatalog downloadTOPへ