SDGsの取り組み
Japan Speed Shore
- Initiatives for SDGs -

SDGsの取り組み

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
SDGs

~人が暮らす未来へ~

私たち日本スピードショア株式会社は、1974年に画期的な土留機材「アルミ製水圧式土留」(スピード土留)をアメリカより日本市場へ導入しました。日本に初めて導入されたスピード土留は、わが国のライフライン整備において「安全面と作業効率」で今も大きく貢献しています。
これからも、画期的かつ独創性のある新製品・新システム開発のため、分野を問わず幅広い視野でオリジナル製品を探求し「レンタル」「販売」「製造」「独自のサービス」を通じて、社会基盤の構築や産業の発展に携わり、人々の生活基盤を支え、環境の保全にも貢献していき、人々の豊かな暮らしと社会の発展を支えていくことを使命として行きます。

日本スピードショアが取り組む
SDGsの目標

SDGs
  • MISSION.1

    働きがい・働きやすさ

    働きがい・働きやすさ
    差別や不正のない企業活動と
    尊敬・尊重のある職場環境を目指します

    お互いを尊敬・尊重し「信頼」に満ちた環境で、ひとつのチームのように働きながら、個人の能力を最大限に発揮し、時代の変化に対応した組織目標の持続的達成を目指しています。そのため、仕事とライフイベントが両立している実感、お客様や社会に貢献している実感、そして個々の成長実感と仕事の質・量の適正実感、そして自分の仕事に誇りを持ち、働く環境への満足度を高める活動を推進しています。

    働きがい・働きやすさ
    SDGs
  • MISSION.2

    社会に役立つモノづくり

    社会に役立つモノづくり
    社会とお客様に必要とされる信頼ある
    未来創造へ向けたモノづくりを目指します

    人の暮らしを支え、発展させて行き、豊かな生活を持続して送ることのできる街や国づくりの貢献を目指しています。お客様の満足を第一に考え、世の中に変革をもたらし、イノベーションを起こしながら社会の一員である責任を果たして行きます。その中でも特にインフラ整備やモノづくりの分野で「安全と効率」「省エネと環境保全」へのお役立ちを通じて、明るい未来創造へ向けた活動を推進しています。

    社会に役立つモノづくり
    SDGs
  • MISSION.3

    地域への貢献

    地域への貢献
    積極的な地域への支援と交流を通じ
    社会貢献活動できる企業を目指します

    日本スピードショアは、ライフラインの構築を支える仕事に携わる方たちを支える役割も担っています。自社開発をメインに魅力ある製品やサービスを提供することで、地域に根ざした企業として、お客様や地域社会のお役に立ちたいという思いをもち、安全快適で、クリーンな生活を持続して送ることのできる社会を目指した、企業活動の推進や従業員の社会貢献活動をサポートし推進しています。

    地域への貢献
    SDGs
  • MISSION.4

    環境を守る

    環境を守る
    環境にやさしく未来創造出来る
    継続的な製品開発を目指します

    地球環境を守るために私たちができることは何なのかを問い続け、どんな小さなことでも全力で取り組み、自然豊かな未来に繋げる事業を目指しています。作られるものや消費されるもの、また廃棄されるものなど環境にもたらす影響を少しでも減らして行くため、特に産業廃棄物の削減や省エネルギー化に貢献する製品の取り扱いを通じて、未来を創る今の環境を守る活動を推進しています。

    環境を守る
    SDGs
Contactcatalog downloadTOPへ