水圧サポート ・ たて込み簡易土留 ・ アルミ矢板 ・ パイプレーザーのレンタル ・ 販売メーカー                            金型ラッピングマシンの販売 ・ 配管を切断しない気体流量計測サービス

社長メッセージ

  • HOME »
  • 社長メッセージ

ご挨拶

私たち日本スピードショア株式会社は、1979年に米国スピードショア社開発の土留材レンタル事業を開始。以来、「軽量・強力・安全」をテーマとして建設現場で使用される土留機材を中心にレンタル商品化に努めるとともに、サービス網の充実を図ってまいりました。

当初、上下水道工事などのライフライン整備における土留は、木材を使用して地山の崩壊を防ぐ施工が一般的でありました。

現在では大変多くのお客様にご使用いただいている「スピード土留」も、初めから皆様のご理解が得られた訳ではなく、水圧を使用したアルミ製土留に対する抵抗感は強いものでした。

何故なら土留は「作業される方々の安全=人命を守る」という位置付けにあり、工事現場で社会基盤の構築に汗を流し作業されている方を、今までと違うやり方では任せられない、信用できないとの強い概念があったからです。

しかし、私たちは日本で初めて「アルミ製水圧式土留」を導入した企業として、「安全」が何よりも優先することを設立以来、全社員が共通の意識を持ち真摯に取り組んできたことで、「安全面と作業効率」、アルミのリサイクルによる資源の有効利用が「環境」にとっても大きな意義があるものとして、多くのお客様より高い評価を頂くことに繋がっていきました。

今では「省力化・効率化・経済性」という信用が定着し、必要な時に必要とされ、レンタルで貢献できるようになりました。

また、建設業界以外の分野においてもモノ作りを支える産業界向けに、発明大賞、ものづくり優秀賞など数々の賞を受賞した精密研磨技術機器販売など、画期的かつ独創性のある新製品、新システム開発を手がけ、「ロボットによる自動化」にもチャレンジするなど、常に幅広い視野で事業領域の拡大に努めています。

これからも、建設機械を中心に活躍するグループ会社との連携を深めながら、より一層リーディングカンパニーとして、その有用性、可能性を追求してまいります。

昨今、大規模自然災害の発生が増加傾向にあり、「生活を支える基盤」インフラ機能の重要性は高まっています。

仮設土留機材レンタル業のパイオニアとして、『輝く未来を見つめ安全と安心のレンタル 新しい価値を創造する製品を通じて社会に貢献する』という社是を礎に、社会から必要としていただける企業として、いかに未来へ貢献できるのかを常に考え、挑戦し続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

2019年12月7日
代表取締役社長 奥野一正

お気軽にお問合わせ下さい。 TEL 0743-78-9000

Business information

Copyright © 日本スピードショア株式会社 All Rights Reserved.