水圧サポート ・ たて込み簡易土留 ・ アルミ矢板 ・ パイプレーザーのレンタル ・ 販売メーカー                            金型ラッピングマシンの販売 ・ 配管を切断しない気体流量計測サービス

TSパネル

スライドレール式パネル土留

        

   TSⅠ型              TSⅠ-K型              TSⅡ型

     たて込み簡易土留工法設計施工指針適用製品      

スライドレール・パネル・サポートジャッキを組み合わせ、土圧に対する
剛性をもたせたオープンウエルをバックホーにより掘削
作業を行い、
同時に沈下させる工程を繰り返す、低振動
で安全性の高いたて込み簡易土留工法です。

■TSⅠ型規格
名 称 型 式 長さ
(mm)
高さ
(mm)
厚さ
(mm)
質量
(kg)
上部パネル Ⅰ-JP0525 2,500   500 66.4 136
Ⅰ-JP1025 1,000 224
Ⅰ-JP1525 1,500 312
下部パネル Ⅰ-EP1025 2,500 1,000 66.4 228
Ⅰ-EP1525 1,500 364
Ⅰ-EP2025 2,000 404
■TSⅠ-K型(ボックス式兼用)規格

型 式 長さ(mm) 高さ
(mm)
厚さ
(mm)
質量
(kg)
スライドレール ボックス




 ⅠK-JP0530 3,000 2,870   500 56.4 170
 ⅠK-JP1030 1,000 305
 ⅠK-JP0525 2,500 2,370   500 129
 ⅠK-JP1025 1,000 229
ⅠKF-JP0520 2,000 1,870   500 107
ⅠKF-JP1020 1,000 190




 ⅠK-EP1530 3,000 2,870 1,500 56.4 430
 ⅠK-EP2030 2,000 566
 ⅠK-EP1525 2,500 2,370 1,500 321
ⅠKF-EP1520 2,000 1,870 1,500 272
■TSⅡ型規格
名 称 型 式 長さ
(mm)
高さ
(mm)
厚さ
(mm)
質量
(kg)
上部パネル Ⅱ-JP0530 3,000   500 104 223
Ⅱ-JP1030 1,000 366
Ⅱ-JP2030 2,000 624
下部パネル Ⅱ-EP2030 3,000 2,000 104 663
Ⅱ-EP2230 2,200 799
■施工上のご注意

労働安全衛生法・労働基準局長通達等に従って施工して下さい。
たて込み、引き抜き作業中は、運転手と作業員の連繋を計るため合図を行う者を置いて下さい。
組立ては、必ず安定した平坦地で行い、特に風による転倒にご注意下さい。
隣接するパネルの縦ばりが密着するように施工して下さい。
パネル押込み前の先掘は、50cm以下の背面土砂が崩落しない深さで施工して下さい。
押込み作業にはパネルプロテクターを必ず使用するとともに左右均等に行い、切りばりの水平角度が5度以上傾かないように施工して下さい。
たて込み中、掘削進行方向の土砂崩落の恐れがある場合は、流砂防止板等を用いた処置をして下さい。
埋め戻し・引き抜き・締め固めは、定められた厚さごとに繰り返し入念に施工して下さい。
土留板と背面土に間隔が生じた場合、周辺地盤に影響が生じないよう砂詰等を行って下さい。
たて込み作業は、打撃による施工をしないで下さい。
埋め戻し時は、最下段の切りばりが埋まらないように施工して下さい。
埋め戻し撤去後の仮置き時は、安定した平坦地で専用の転倒防止スタンドを使用して下さい。
覆工が必要な場合は、土留材に荷重の負担がないようH形鋼等のまくら材を設置して下さい。

112_71_136_168

お気軽にお問合わせ下さい。 TEL 0743-78-9000

Copyright © 日本スピードショア株式会社 All Rights Reserved.